【コード進行の作曲法 LV.36】「FM7:音4つあるコード」音が4つあるコード達編(全10回)

0037

[第6章]音が4つあるコード達編(全10回)

LV.38「音が4つある家族コードのまとめ」

LV.37「Bm7(b5):音が4つあるコード」

LV.36「FM7:音が4つあるコード」

LV.35「Em7:4つあるコード」

LV.34「Am7:音が4つあるコード」

LV.33「Dm7:音が4つあるコード」

LV.32「CM7:音が4つあるコード」

LV.31「G7:音4つあるコード」

LV.30「音が4つあるコード(2)」

LV.29「音が4つあるコード」

[第5章]コードの長い組み合わせ編(全3回)

[第4章]組み合わせの応用編(全3回)

[第3章]コード進行の組み合わせ技編(全9回)

[第2章]最初に覚えるコード達編(全5回)

[第1章]ゼロからのスタート編(全8回)

 

4つ目の音をくっつけた家族コード達にスポットを当てていきましょうー(^^)

今回はFM7です。

 

FM7

音:ファ ラ ド ミ

読み方:エフメジャーセブン

 

3つの音でできてるコードは「F」でしたね。これはCと同じな明るいコードです。今回はそれに「(ミの音)」がくっついてFM7とレベルアップしました。

 

これ大事な事なんで毎回書きますが、3つの音で出来たコードの雰囲気は「無邪気な子供なような和音」なんです。4つの音で出来たコードは「おしゃれな大人な和音」です。大人な響き。(^^)

 

FM7の使い方はG7の前に置いて上げるのが基本です。そしてこのコードはDm7と音の組み合わせが似ています。なのでDm7の代わりに使ってあげることができます(^^)Am7とも似ているんですが役割が違うので今はスルーです(ーー;)

 

基本の使い方(^^)

CM7 – FM7 – G7 – CM7

   

Dm7の代わりの使い方(^^) 

入れ替える前

CM7Dm7 – G7 – CM7

 

入れ替えた後

CM7 – FM7 – G7 – CM7

 

基本の使い方は組み合わせが良い意味であっさりしてますね。二つ飛ばしはお互いのつながりが強い反面くどくなってしまします。これは一つ飛ばしなんか使っているのであっさりした感じがでますね(^^)

 

次の組み合わせは入れ替えをしてみました入れ替え前の方がCM7の落ち着き感へのつながりがびしっとしてますね。その代わり濃い味ですね。入れ替えるとひとつ飛ばしになるので音があっさりしてて薄味です。

ちなみにDmでもFM7に置き換えたりもしますよ。是非弾いて確かめて下さいね。

 

次回もお楽しみに(^^)

 

LV.37「Bm7(b5):音が4つあるコード」 

 

———————————————————————————————————————

img07 金子将昭  Masaaki Kaneko

www.masaaki-kaneko.com

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒業。

大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。

大橋卓弥(スキマスイッチ)、imalu、ジョナサン・カッツ、類家心平、マークトゥリアン、フレッドシモンズとのセッションライブやバンドサポート、ミュージカルなどでピアノを担当。

音楽理論の研究する東京音楽理論研究大学を主催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。