【コード進行の作曲法 LV.37】「Bm7(b5):音4つあるコード」音が4つあるコード達編(全10回)

0037

[第6章]音が4つあるコード達編(全10回)

LV.38「音が4つある家族コードのまとめ」

LV.37「Bm7(b5):音が4つあるコード」

LV.36「FM7:音が4つあるコード」

LV.35「Em7:4つあるコード」

LV.34「Am7:音が4つあるコード」

LV.33「Dm7:音が4つあるコード」

LV.32「CM7:音が4つあるコード」

LV.31「G7:音4つあるコード」

LV.30「音が4つあるコード(2)」

LV.29「音が4つあるコード」

[第5章]コードの長い組み合わせ編(全3回)

[第4章]組み合わせの応用編(全3回)

[第3章]コード進行の組み合わせ技編(全9回)

[第2章]最初に覚えるコード達編(全5回)

[第1章]ゼロからのスタート編(全8回)

 

4つ目の音をくっつけた家族コード達も今回で最後です(^^)

最後はBm7(b5)です。

 

Bm7(b5)

音:シ レ ファ ラ

読み方:シーマイナーセブン・フラットファイブ

 

3つの音でできてるコードは「Bm(b5)」でしたね。これは暗いコード達と同じ仲間なんですが、その中でもこれはもっとも暗いコードです。今回はそれに「(ミの音)」がくっついてBm7(b5)なっています。

 

これ大事な事なんで毎回書きますが、3つの音で出来たコードの雰囲気は「無邪気な子供なような和音」なんです。4つの音で出来たコードは「おしゃれな大人な和音」です。大人な響き。(^^)

 

Bm7(b5)は次ぎの回でやるセカンダリードミナントっていうのと一緒に使う事が非常に多いです。というのもこのコードは響きが非常に難解で暗いコードにしては暗すぎて怖いし、音も不安定極まりないのです。なので使い方が非常に難しいのですがセカンダリードミナントとは相性が良いんです。

とはいえダイアトニックコードでは基本的には下記の様には使用されます。

 

基本の使い方(^^)

CM7 – FM7 – Bm7(b5) – Em7

 

基本の組み合わせは二つ飛ばしを使っています。これは二つ飛ばしは鉄板なのでなんにでも使えます。

Bm7(b5)の入れ替えは頻度はそこまで多くないですがG7の代わりに使われます。ただ使い方が非常に難しいので別の回で取り上げますね(^^;)

 

次回もお楽しみに(^^)

 

 LV.38「音が4つある家族コードのまとめ」

 

———————————————————————————————————————

img07 金子将昭  Masaaki Kaneko

www.masaaki-kaneko.com

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒業。

大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。

大橋卓弥(スキマスイッチ)、imalu、ジョナサン・カッツ、類家心平、マークトゥリアン、フレッドシモンズとのセッションライブやバンドサポート、ミュージカルなどでピアノを担当。

音楽理論の研究する東京音楽理論研究大学を主催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。