コードだけで学ぶ作曲理論 最新の記事 (6)音が4つあるコード達編(全10回)

【コード進行の作曲法 LV.33】「Dm7:音4つあるコード」音が4つあるコード達編(全10回)

0037

[第6章]音が4つあるコード達編(全10回)

LV.38「音が4つある家族コードのまとめ」

LV.37「Bm7(b5):音が4つあるコード」

LV.36「FM7:音が4つあるコード」

LV.35「Em7:4つあるコード」

LV.34「Am7:音が4つあるコード」

LV.33「Dm7:音が4つあるコード」

LV.32「CM7:音が4つあるコード」

LV.31「G7:音4つあるコード」

LV.30「音が4つあるコード(2)」

LV.29「音が4つあるコード」

[第5章]コードの長い組み合わせ編(全3回)

[第4章]組み合わせの応用編(全3回)

[第3章]コード進行の組み合わせ技編(全9回)

[第2章]最初に覚えるコード達編(全5回)

[第1章]ゼロからのスタート編(全8回)

 

今回も4つ目の音をくっつけた家族コード達にスポットを当てていきましょうー(^^)

今回はDm7を見て行きましょう。

 

Dm7

音:レ ファ ラ ド

読み方:(ディーマイナーセブン) 

 

3つの音でできてるコードは「Dm」でしたね。今回はそれに「(ドの音)」がくっついてDm7とパワーアップ!

 

これ大事な事なんで毎回書きますが、3つの音で出来たコードの雰囲気って無邪気で純粋な「子供な雰囲気がする和音」なんです。そして4つの音で出来たコードは頼りになる「大人な雰囲気がする和音」ですよ。

 

Dm7のコードは、基本的にはG7と相性抜群なコードです。(Dm7-GではなくDm7-G7とですよ)

G7はCへ落ち着く感じがめっちゃ強くなる雰囲気をもってましたよね。そのG7と相性抜群なDm7は、G7と一緒に使う事でCへ落ち着く感じを「めっちゃ強くなる」からスムーズにめっちゃ強く」させます。

 

(・・ )?

 

「G7からCへ落ち着かせる」といっても唐突にG7がでてくるとやはりびっくりしちゃいます。いくら落ち着くからといっても・・・。そこでDm7を手前においてあげるとCへ落ち着く感じをスムーズに演出します。

 

このコードを弾いてみましょう^^

Am7 – G7 – C – C

 

その後このコードを弾いて下さい^^ 

Am7 – Dm7G7 – C

 

後のコードの方がCへ落ち着く感じがスムーズですよね。最初は落ち着いているけどどこか突然な感じもします。。コードはそれぞれ雰囲気があるのでそれをうまく使って音を演出してましょう。是非弾いて確かめて下さい!

 

次回もお楽しみに(^^)

 

LV.34「Am7:音が4つあるコード」 

 

 


img07

金子将昭  Masaaki Kaneko

www.masaaki-kaneko.com

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒業。

大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。

大橋卓弥(スキマスイッチ)、imalu、ジョナサン・カッツ、類家心平、マークトゥリアン、フレッドシモンズとのセッションライブやバンドサポート、ミュージカルなどでピアノを担当。

音楽理論の研究する東京音楽理論研究大学を主催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。