【コード進行の作曲法 LV.3】「3つのコードの組み合わせ」ゼロからのスタート編(全8回)

 kukilemo

 
コードだけで学ぶ作曲理論 

 

ゼロからのスタート編(全8回)

LV.8「最初に覚えるコードの組み合わせ」

LV.7「家族コード」

LV.6「家」

LV.5「4の法則」

LV.4「小節と拍」

LV.3「3つのコードの組み合わせ」

LV.2「3つの役割」

LV.1「CFGの話」

 

前回は、「コードには役割があり、それを全部混ぜて曲を作ると良い」というお話でした。

 

この役割は家族に例えて「母」、「父」、「子」と全部で3つあります。

そして母の役割を持つコード「C」父の役割を持つコードは「G」、子の役割を持つコードは「F」です。

 

役割を2種類でも1種類でも作れますが、まずは基本の3種類を使っての曲を作りを覚えましょう。

 

さて、C(母)とF(子)とG(父)の3つのコード。

ここで今までのポイントを整理します。

 

●「コード」には名前がついている。

●C・F・Gのコードはとりあえず丸暗記。

●コードには「母」、「父」、「子」という3種類の役割がある。

●その3種類の役割を全部含めて曲を作る。

 

作曲する素材は揃いました。つまりざっくり言うと、

 

 

「C F Gを使って曲作ればいいだけでしょ?」

 

 

はい、つまりそういう話です(^^;)

 

早速これらを組み合わせます。

組み合わせの可能性は27通りで、その中で3つの役割をもった組み合わせは6種類です。

 

とりあえず6通りを上げてみましょう。

(1)C―F―G

(母)―(子)―(父)

 

(2)C―G―F

)―()―(

 

(3)F―C―G

)―()―(

 

(4)F―G―C

)―()―(

 

(5)G―F―C

)―()―(

 

(6)G―C―F

)―()―(

 

この6通りはどれを弾いても曲っぽく形になります。そしてこの6通り自体を組み合わせても曲は作れます。

ちなみにTHE HIGH-LOWSの「日曜日よりの使者」は(1)と(4)の組み合わせだけでできてます^^

CMに使われるくらいのすごい名曲です

 

さて、弾いていて思った人もいるかと思いますが、3つを弾いてるだけだとなんか変だと感じませんでしたか?なんか中途半端でしっくりこないような・・。

 

原因は「4の法則」のせいです。コードで曲作りをするにはまず「3つの役割」「4の法則」「家族コード」の3つを手に入れないといけないのです。次回は4の法則に必要な「小節と拍」のお話をします。

 

 

LV.4「小節と拍」へ

 

 


kanekomasaaki

 金子将昭  Masaaki Kaneko

http://www.masaaki-kaneko.com/

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒業入学時ギター専攻だったが、19歳を前に経験ゼロのピアノを始める事を決意し2年次よりジャズピアノ科に転専攻する。現在は、サポート仕事と和風なジャズを演奏する自己の音楽活動と並行しながら、日本初の音楽理論Webマガジン「サークル」編集長、合同会社 前衛無言禅師(ぜんえいむごんぜんじ) 代表社員、東京音楽理論研究大学主催、音楽共有アプリ「lepot」の開発、ミュージシャンシェアリング企画「1A1L(ワンエーワンエル)」プロジェクト推進、フリーランス向けの確定申告サイト運営など多岐に渡る。

 

kiriremo

<アイキャッチのイラスト>くきれも

制作環境: OS:Windows Vista,7

アプリケーション:CLIP STUDIO

明るくポップなイラストを描いています。一枚の絵でも前後のストーリーが見えるようなイラストを描くよう心がけています。ご依頼やお問い合わせのご連絡はこちらまで。(またはkukilemo[★]gmail.comの[★]を@にかえてお送りください。)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。