【対談 その1 】「他になかったから自分で作った」吉松悠太(soniqa.net)×金子将昭


taidan_soniqa

今回の対談はわかりやすい音楽理論サイト「soniqa.net」を運営する吉松悠太さん。音楽理論を学ぶ時、今時はネットググる。しかし音楽理論のサイトはどれもわかりにくい。だから自分で作ったという吉松さん。さてその立ち上げの秘密を聞いてみました。

(記事構成/原田和真[脚本家])

 

ソニカ立ち上げの秘密

金子 soniqa.netっていつ頃からやってたんですか?

吉松 大学一年ですね

金子 凄いね~

吉松 サイトの名前とかも何回か変えたりしてるんですけど

金子 へぇ~。なんで急にやり始めたんですか?

吉松 高一の時に曲とかを作り始めて「じゃあ理論も勉強するか」ってことで全部ネットで音楽理論調べてたんですよ

金子 うんうん

吉松 でも結構難しいサイト多いじゃないですか

IMG_0520

金子 あ!そうそう!そうなんですよ

吉松 だからなんか簡単なやつ作ろうと思って

金子 なるほど、そこからか~

吉松 まぁ大学で暇だったってのもあったんですけどね(笑)

金子 いやいや(笑)言っても慶応ですよね?

吉松 いや結構暇なんですよ

金子 慶応で暇って言われたらどうしよう(笑)

IMG_0517

吉松 学部が結構暇な学部なんですよ

金子 何学部だったんですか?

吉松 環境情報学部っていうコンピューター系の。そこでhtmlとかを結構…

金子 あ~ホームページとかの。知識を

吉松 その辺の趣味が高じて的なところもあります

金子 それで分かりやすいサイト作ってみようってことで、このサイト…非常に分かり易いんですよねこれが

吉松 ありがとうございます

金子 どれぐらいで作ったんですか?これって

IMG_0478

吉松 え~っとこれは最初の準備編、コード編の前半の記事とかを作るのに多分3ヶ月ぐらい…掛かってますかね~

金子 ふ~ん

吉松 んで、音源とか画像作るのが地味にめんどくさくて

金子 そうそうそう、そうなんですよね~。でもあれがあるからより良いなって思ったんですよ

吉松 画像編集ソフトで一個ずつ音符置いてくんですよ(笑)

金子 ハハハそれね確かに…(笑)

吉松 あれで結構時間かかりましたね~

IMG_0505

金子 あれを簡単に作れるソフトないんだろうかってスゲェ探してました実は

吉松 ああ~(笑)

金子 どこにもなくて!笑

吉松 ですよね~

金子 そんなマイナーなソフトどこにもなくて。需要なさすぎるよな~って思って

吉松 そうですよね~

金子 あと俺が凄い思ったのは、普通の音楽理論を学ぶ流れみたいなのってなんとなくあるじゃないですか。例えば初めは楽典的なものを学んでとかっていう

IMG_0492

吉松 はい

金子 それじゃなくて結構オリジナル的に、入門しやすくなってると思うんですよ

吉松 そうですね

金子 コード編とかメロディ編とかに分けて、その順番もなんか面白いな~と思って。これはもう独自で?「この方が分かりやすい」みたいな

吉松 書籍とかを買ったことがないので普通の並びってのが分かんないんですよ

金子 さすが、いいねぇ~

吉松 サイトでググる時は単語でググるじゃないですか、するとまた分かんない用語が出てくるじゃないですか

IMG_0489

金子 はいはいはい

吉松 そこでまたググってってやってるから正しい順番が分かんないんですよ

金子 なるほどね~

吉松 それで「これが一番分かりやすいかな?」ってので並べてるっていう

金子 なんか俺凄い良い話聞いてる…

吉松 多分ちゃんとやってる人からしたら、変なとこ結構…

金子 でもこれ結構世代なもんで、テクノロジーが違うからそういった人も出てくるって感じだよね~それは。なるほどね~。反響結構あるんじゃないですか?これ

吉松 そうですね~結構色んな人にちょこちょこ、会った時に「知ってます」みたいな「サイト見てます」みたいな。音楽やってる人と会うと

金子 やっぱりそうですよね、絶対言われるよねこれ。音楽やってる人達大体話すと知ってるっていうし

 

 

1.2.3.

 


kanekomasaaki

金子将昭 Masaaki Kaneko http://www.masaaki-kaneko.com/

1982年富山県生。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒。

大学にギター科で入学後すぐ、経験無しのピアノ始め、二年次よりジャズピアノ科へ転専攻。サポート仕事と和風なジャズを演奏する自己の音楽活動と並行しながら、日本初の音楽理論Webマガジン「サークル」編集長、(同) 前衛無言禅師 代表、東京音楽理論研究大学主催、劇団を作ろうプロジェクト主催、音楽アプリ「lepot」の開発、劇団ブラックラックへ楽曲提供、フリーランス向けの確定申告サイト運営など多岐に渡る。現在、百人一首曲付けプロジェクトとジャズスタンダードをトーク・演奏で楽しむ動画をYOUTUBEチャンネルにて公開。百人一首曲付けプロジェクトで検索。

 

 yoshimatsu_yuta_soniqa

吉松悠太 Yuta Yoshimatsu

音楽理論家。1990年北海道生まれ。16歳から作曲と音楽理論の勉強を始め、2010年に音楽理論の総合サイト「SONIQA」を開設。慶応義塾大学にて岩竹徹教授のもとで和声を学び、独自に構築した音楽理論である「マクロ音楽理論」を提唱する。現在は「PLUGMON.org」で英語圏へもDTMの情報と製品を提供している。

SONIQA : http://soniqa.net
PLUGMON.org : http://plugmon.org

 
haradakazuma
対談構成:原田和真(はらだかずま)
脚本家。1988年生まれ。北海道出身。大学から山形へ移住、お笑いや演劇の活動を始める。漫才、コント、演劇、アクション、音楽とのコラボ、ラジオドラマなど様々に挑戦し、手段を問わず”エンターテイメント”を追求する。2014年4月に活動を東京へ移す。
現在の欲望:映画の脚本をやりたい。マジシャンの仲間が欲しい事。
現在の所属:劇団ブラックラック、劇団あーてぃすとら、ラフィクション(お笑いユニット)
 
tomoroku
カメラマン:TOMOROCK
1982年埼玉県生。フォトグラファー。思春期にカメラと出会い、色々なものを撮る楽しさを知るも、学生時代にバスケットボールやバンド活動に自己表現のフィールドにシフトする。自己表現のフィールドをカメラに戻し、現在では、アーティスト写真や宣材写真の撮影を主に行なっている。
HP:http://www.tomorock-photo.net/
 
<撮影協力>
LandingLogo21
住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-38-10

1 Trackback / Pingback

  1. 【対談】「他になかったから自分で作った」吉松悠太(soniqa.net) – 金子将昭:かねこまさあき

Leave a Reply

Your email address will not be published.