【その6 ゲーミングミュージック 〜トライハードニンジャ〜】 CD Baby説明会「海外ミュージシャンに学ぶ、成功事例」

「クオリティの高いものを定期的に公開する。それにはコラボが大事。」

今回はCD Baby説明会を体験。この取材のためにいつも通りの形でやって頂きました。

いつもはCD Babyの使い方や先端の音楽情報・ライセンシングなど、インディーミュージシャンに必須の情報をたくさん提供しているこの説明会。

今回は海外ミュージシャンに学ぶ、成功事例の話。

(インタビュー・構成/金子将昭、写真/たーまん)

−後藤啓次−

コンサルタント。1962年生。中学時代からバンド活動を始め、仕事を始めてもインディミュージシャンとしてオリジナル曲を発表し続ける。現在はコンサルタントを生業とし、音楽活動もしつつ、CD Babyをはじめとする海外のインディアーティスト向けサービスを利用する日本のアーティストの手助けをしている。http://jp.members.cdbaby.com

ゲームから架空のゲーム動画を作り、それに音楽をつける


後藤 スターボムはYOUTUBEを使った次世代ミュージシャンとして最先端と思っていました。しかしまた変わった人が出てきました。それがトライハードニンジャ(TryHardNinja)です。

金子 海外の人って忍者好きですね、、、、

後藤 サムライやニンジャは好きですね(笑)。このアーティストはYOUTUBEミュージシャンでもないってことで紹介したいと思います。

この人がやっているのはゲーミングミュージックというものです。

金子 音楽ジャンルでしょうか。チップチューンのような。

後藤 これは先ほどの動画を見てもらうと早いですね。

金子 マインクラフトの動画ですね。

後藤 と思いますよね。これはマインクラフトをやっているような別のゲームを彼が動画で作り、そこにマインクラフトに合うような架空の音楽を彼が作ってつけている動画です。

金子 え・・・(・・?)。。。つまり映像も音楽も自作ですよね。。マインクラフトにインスパイアされたような。ゲーム実況的な・・・?

後藤 ゲームプレイミュージックやプレイゲームビデオ、ゲームをしているところに自分の音楽をつけるジャンルは存在しているんです。だけどトライハードニンジャはそれでもないんです。

ゲームそのものから架空のゲーム動画を作り、それに合う音楽をつけているんです。

金子 なんだか頭がこんがらがるような人ですね。マトリックスですか、これは。

後藤 トライハードニンジャが人気になったきっかけは、見た目はまさにドラゴンクエストなんだけど実はドラクエではないプレイ動画に音楽をつけた動画です。

こちらはマリオカート。確かに面白そう!

それをみて「これは何のゲーム?面白そう!」って話題になったんですね。だけどそのゲームは存在していないっていう(笑)。

まぁ、今はその動画は公開されてないようですけどね。

金子 (・・スクエニ・・・。)

後藤 今はこういった有名ゲームのゲーミングミュージックはたくさんあるんですよ。ゲームの宣伝になるってことで。それでお金もらって作っている人もいます。

金子 権利を主張するよりそのまま宣伝に利用して作ってもらう感じですね。

後藤 そこまでの過程は色々ありますね。YOUTUBEに特殊に扱われている権利関係は音楽(コンテンツID)とテレビ番組。そしてゲームプレイビデオを全く別に扱っているんですね。

当初はゲームメーカーはプレイ画面に著作権はあるって主張してましたが、裁判で権利はないと判例が出たんです。

そうなると上げ放題になるので、YOUTUBEはゲームプレイの動画の権利はゲームメーカーが持つと規約で取り決めたんです。

金子 一般の人がアップしたゲームのプレイ動画はゲームメーカーが持っていると。

後藤 それでアップされた動画は結局宣伝にもなるということで、広告表示や、逆に奨励するようになりました。ブロックするか広告表示か、トラッキングするかというは音楽と似てますね。

金子 あーなるほど。

後藤 今はトライハードニンジャは自分で動画サービスを持っていてそこでゲームプレイ動画をお金をもらって作ったりしてます。

金子 動画ミュージシャンというか、何というか。いろんな形がありますね。

後藤 この方はこれで食べていると言ってて、収入の40%はYOUTUBE広告と言ってますからYOUTUBEとゲームを使ったアーティストということですかね。

金子 また一つの新しいミュージシャンの形ですね。

後藤 真似するには動画をまずアップすることですが、一年に一本これくらいの動画を上げても食べてけないのでやっぱり定期的にあげる必要がありますよね。

そうなると動画が得意な人と組んだりしてスターボムみたいなコラボをしてコンテンツを作り上げるというのが大事になりますね。

金子 コラボの場合、ギャラどうするか気になりますよね。

後藤 折半したり、あるいは買い取ったりもするみたいですね。そういう形で広告料を分けながら、月二、三本アップロードしているって感じですよね。

金子 二、三本。YOUTUBEで活動する人にしたら少ないですよね。毎日あげるイメージですけど。

後藤 少ないですが、このクオリティですからなかなか大変だとは思いますね。

金子 スターボムにしてもやっぱりメインの活動場所はYOUTUBEなんですね。

後藤 YOUTUBEがハブみたいになってますね。他のSNSもありますが情報を発信だけですね。

トライハードニンジャは今は有名になったので、自分のサービスの方で活動していてYOUTUBEは少し趣味みたいになっていますけどね。

金子 僕もだるまとコラボしようかな・・・。

CD Babyの講習会

日時:2017年12月9日(土)開場13:15  / 開始13:30~16:30
場所:長野県安曇野市 穂高交流学習センター「みらい」、グループ研究室
定員:15名程度
参加費:無料

参加希望の方は上記会場へ直接お越し下さい

「インディミュージシャンのためのライセンシング講座(上級編)」

CD Babyの担当者が海外のインディミュージシャンにとって重要な収入源として確立しつつある同期ライセンスについて説明します。初級編あるいは中級編を受講されていない方が参加された場合は、その内容を簡単におさらいしてからの開始となります。どなたでも歓迎いたします。

そのほか、cdbaby.comを使った全世界に対するCDの販売やiTunes、Amazon MP3、Google Play Music、Spotifyなどでのデジタル販売、海外の音楽業界事情やSNSを使ったプロモーションについての疑問などについても可能な限り回答いたします。

講習会がキャンセルになる場合は、https://www.facebook.com/cdbabyjapan/に掲載しますので、直前に必ずチェックしてください。

世界最大のインディーズのディストリビューター

https://www.cdbaby.com

この記事で紹介したアーティスト:

Judgement
Judgement
posted with amazlet at 17.11.21
TryHardNinja (2016-03-02)
売り上げランキング: 121,068

12/1 12記事公開

ハウスコンサートの女王

〜シャノン・カーティス〜


この記事を書いた人:

kaneko

金子将昭(ジャズピアニスト)

http://www.masaaki-kaneko.com/

https://valu.is/kaneko

1982年富山県生。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒。大学にギター科で入学。その後、経験無しのピアノ始め二年次よりジャズピアノ科へ転専攻。サポート仕事と和風なジャズを演奏する自己の音楽活動と並行しながら、音楽と社会をつなげるメディア「Circle」編集長、(同) 前衛無言禅師 代表、ジャズアイドル「JiPP」のプロデュース、東京音楽理論研究大学主催、劇団あーてぃすとら主催、音楽アプリ「lepot」のプロデュース、アーティストや劇団への楽曲提供、フリーランス向けの確定申告サイト運営など多岐に渡る。「百人一首曲付けプロジェクト」とジャズスタンダードをトーク・演奏で楽しむジャズスタンダードちゃんねるをYOUTUBEチャンネルにて更新中。

たーまん(カメラマン)

会社員をしながらイベンターや番組プロデューサー、甘酒推進家、ジャズアイドルJiPPのマネージャーなどとしてもマルチに活動。座右の銘は「おもしろいは正義」

1 件のコメント

  1. ピンバック: 【その5 次世代ミュージシャン!? 〜スターボム〜】 CD Baby説明会 「海外ミュージシャンに学ぶ、成功事例」 – 音楽理論って楽しい – 日本初の音楽理論Webマガジン「サークル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。