【コラム】番外編「速弾き」講座第1回「アウトサイド・ピッキング」永瀬晋の広く深く・・・

LINEで送る
Pocket

smidiri

番外編「速弾き」講座第1回 「アウトサイド・ピッキング」 皆様お久しぶりでございます!

教室の立ち上げなどのバタバタでかなり滞ってしまっておりましたが、久々のアップです! 今回は年明け一発目ということで、結構リクエストの多かった「速弾き」に関して色々解説していこうと思います!

第一回目は「アウトサイド・ピッキング」です

本来ですとまずは「オルタネイトピッキング」の解説を入れたいところですが、ここにこられる方は説明不要だと思いますので(笑)割愛です!

早速ですが、速弾きの際のピッキングの方法などは人それぞれフォームが様々です。

ここからは個人的意見ですが(異議があるかもですが、受け付けません笑)大きく分けると ・肘から下の腕を上下させるピッキングフォーム ・手首のスナップ(回転)を使ったピッキングフォーム ・右手の親指を屈伸させるピッキングフォーム がメジャーなところでしょうか

で自分のフォームはといいますと、2個目の 「手首のスナップ弾き」 ですのでこのフォームを前提に話を進めていこうと思います

ではまず譜例。

今回は特別編で動画付で解説していきます! ここではAマイナースケール(エオリアンモード)を使用していきます

Ex-1

ns00

このフレーズは6連で1セットとなっています。 注目すべきは拍のアタマです。 このフレーズの肝は弦移動の際に(高音弦側へ移動の際)必ずアップピッキングで入っているということです

これが今回のテーマ「アウトサイド・ピッキング」です ポール・ギルバートの十八番ですね。 何故アップなんだということになりますが、理由としては ・高音弦側に弦移動をする時に、外側からすくうようにピッキングの移動をすることで、他の弦に引っかかりにくくなる という利点があります。

結果速弾きでよくぶちあたる壁、 「ピッキングの移動の際、他の弦に当たるミスを防ぐ」 ということに繋がります このことで分かる事は速弾きは 「弾き易いフレーズを作る」 というのがとても重要になってきます。

そして多くの速弾きフレーズの核になっているのが、こういったひとつのモチーフを展開させていくという手法です

Ex-2

ns01

このフレーズはEx-1のモチーフを展開させて作っています 現在多くのギタリストがこういった手法でフレーズを作っていますので、ぜひ動画など参考に挑戦してみてくださいませ!

速弾きの練習で重要なのはとにかく「忍耐!」です! というわけでまた次回!

 

第6回:スケールアウト

第5回:ブルース進行にミクソリディアンモードを当て(2)

第4回:ブルース進行にミクソリディアンモードを当てる

第3回:ブルース進行にドリアンモードを当てる(2)編

第2回:ブルース進行にドリアンモードを当てる編

第1回:アルペジオで攻める編

 

Aマイナー ペンタのインプロアイディア

第4回:実践編

第3回:モチーフ編

第2回:メカニカルフレーズ・ブルースフレーズ編

第1回:テンションを足す編

 


nagase_s

永瀬晋(ナガセススム)

ウェブサイト:http://souleave.com/

16歳の頃にジミヘンドリックスのビデオに衝撃を受けギターを手にする

ロックを軸に、ジャズ、カントリー、ファンク等様々なフィールドで活動中

現在ギターデュオ「ナガタク」、ソロ、バンドを中心に音楽講師、アーティストサポート、レコーディング等で活動中

・2008年頃ギターデュオ「ナガタク」結成

・2012年ファーストミニアルバム「ナガタク」をNGTKレコーズ、サインポールレコーズより発売

・2012年夏、NHKラジオ、で特集が組まれアルバム全曲放送されるなど好評を得る

・ファーストCDが雑誌などメディアに取り上げられ好評を得る。

・現在「ナガタク」、永瀬晋名義ソロライブや、サポート活動中

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.