【コード進行の作曲法 LV.44】「E7:セカンダリードミナント」家族ごっこコード編

0037

[第8章]家族ごっこコード編

Vol.43 セカンダリードミナントを作る 

Vol.42 セカンダリードミナントって?

 

[第7章]音が4つあるコード達[2]編

[第6章]音が4つあるコード達編(全10回)

[第5章]コードの長い組み合わせ編(全3回)

[第4章]組み合わせの応用編(全3回)

[第3章]コード進行の組み合わせ技編(全9回)

[第2章]最初に覚えるコード達編(全5回)

[第1章]ゼロからのスタート編(全8回)

 

今回から家族ごっこコード(セカンダリードミナント)を個別にどんな雰囲気や使い方をするか見て行きましょう!

まずはE7です。(^^ )

 

ちなみに出来上がりはこうです。 

E7 → Am

赤はセカンダリードミナント(家族ごっこコード)、青はダイアトニックコード(家族コード)。もうわかりますよね。

 

では作って行きましょう。(作り方は前回をどうぞ!)

 

1:まずは家族コードを並べます。

C Dm Em F G7 Am Bm7(b5) C

 

2:E7を使いたいのでEがくっついてるコードを探します。

C Dm Em F G7 Am Bm7(b5) C

 

3:そのコードから3つ目のコードを探します。

C Dm Em F G7 Am Bm7(b5) C

 

4:Emを7をくっつけただけのコードに変化させる。出来上がり!

E7 - Am

 

 

家族ごっこコードになる前

Em - Am  

 

なった後

E7 - Am

 

家族ごっこコードは「家族のような落ち着くシステムを他でもやってみようぜ」ってことのなので、使ってないときより「落ち着き感」が当然アップします。落ち着き感がアップするってことはつながりが強くなるってことです。(絆!)

つながりが強くなると家族ごっこコードを弾いた段階ですでに次のコードの雰囲気が漂ってきます。

今回の例の次のコードのAmは、とっても暗いコードです。だからE7を弾いた段階で「次のコードは暗いコードだな」ってわかっちゃいます

 

なので考え方によってはE7はとっても暗いコードを演出してくれます。くらーい雰囲気を出したいときはE7ですね。Amが活きてきます。そんなE7。。

 

次回も家族ごっこコードをみていきましょう!( ̄▽ ̄)

 


img07

金子将昭  Masaaki Kaneko

www.masaaki-kaneko.com

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒業。

大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。

大橋卓弥(スキマスイッチ)、imalu、ジョナサン・カッツ、類家心平、マークトゥリアン、フレッドシモンズとのセッションライブやバンドサポート、ミュージカルなどでピアノを担当。

音楽理論の研究する東京音楽理論研究大学を主催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。