「ゼロから始める、フルート講座」Vol.4「楽器の構え方」

LINEで送る
Pocket

「ゼロから始める、フルート講座」

第四回「楽器の構え方」

楽器の準備ができたので次は構え方です!

まずは楽器を持ってみましょうimage
もちろん音によって押さえるキーは変わりますが、基本的な指の位置は以下の様な感じです。

右手

image

image

左手

image

image

それぞれの手は向かい合うように構えます。
(たて笛を構える時と同じです)

image

これをそのまま右側に持っていき、上半身はこのようになります。

image

肘の力は抜いて下に下がるように。
口元は歌口を下唇から顎のライン上にあてるイメージ
人によってまちまちですが、歌口の穴を下唇で4分の1程覆います。

足元は先ず足を肩幅程度に開き、つま先の角度を80°〜90°位にします。

image

そして腰を左足側にひねり、 上半身が左足側を向くようにします。
この左足側が正面となります。

image

全体図

image

座奏の場合も基本は同じ

以上がフルートの構え方です!
最初は窮屈に感じるかもしれませんが、だんだんなれていきます。
ただし、あまりに変な力が入っているようなら無理せず、力が抜ける位置を試行錯誤してみてください!

これで見た目は立派なフルーティスト??

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.