【0から始めるサックス講座⑥】マウスピースとリードの選び方 その4

LINEで送る
Pocket

sax

お待たせ致しました!

また今月もこのコーナーがやってまいりましたよ!

実は先日ある変わったリードを入手致しました。

リードって色々な種類があったりメーカーがあったり、たくさんの選択肢があって楽しいですよね。

あえて新しいリードを試してみて、前のよりも自分にあっている!!なんて時は最高ですよね。

まさに十人十色ですね!(あれ、使い方あってるかな?)

しかしたくさん種類があってどれが良いのだろうと迷ってしまうこともありますね!

そこで今回は自分にあったリードを見つけられるように、それぞれのブランドの特徴を比較して筆者なりに解説していこうと思います!


 

まず最初にカットについて説明します。

リードは

大きく2種類に分けられFILED CUT /UN FILED CUT

と呼びます。

またフレンチカット/アメリカンカットとも言われます。

FILED

表皮とヴァンプの間をしっかり区切っている線がある。

これによってリードの振動は抑制されバランス良く鳴る。

レスポンスが早く音程も取りやすい。

主にクラシック奏者に好まれます。

UNFILED :

表皮とヴァンプがナチュラルに円状にカットされているもの。

よりリードが振動するように作られていて、音色、アーティキレーションにも変化が付けやすい。

主にジャズ奏者に好まれる。

img55593765

 

 

 

 今回はリードの代表的なメーカー、ヴァンドレンについて解説します!

 

VANDOLEN

Traditional    V16     Java     Java(Red Cut)

ZZ    V12

ヴァンドレンリードは様々な音楽シーンで活躍していてそれぞれプレイヤーのスタイルにあったリードを見つけられることでしょう。

世界中で一番使われているリードだと思います。 吹奏楽出身者も一番最初に先生から『青箱(Traditional)を買ってきなさい』何て言われた記憶もあるのでは。

 

reed_vandoren

FILED

 

Traditional:左上

はバンドレンで一番古いリードで*ファイルドカット(フレンチ)ですがとても扱いやすくジャズ人もよく使います。

全体的に均一感があり程よくコシがあってブライト目な音だと思います。

 

 

JAVA(Red Cut):右下

従来のJAVAにファイルドカットを採用、ある程度コシが出てとても扱いやすいリード、ちょっと音色は丸くなると思います。

 

 

V12:上中央

ヴァンドレンの中で一番コシのあるリードではないでしょうか。クラシック奏者向けに開発されたリードですが実は私一時期使用していました!21/2の硬さに落とすととても心地の良い抵抗感でTraditionalよりも楽しい感じでした。

オススメのリードです。

 

UNFILED:

 

 

V16:下中央

jazz向けのJAVAよりも厚めに作られたリード、コシがあって深めのダークな音。ちなみに筆者愛用です。

 

 

JAVA:右上

薄めに作られており音も明るく飛びやすい、良くなるリードでジャズはもちろんメタルマッピでゴリっと吹く時にも相性良し!

 

 

ZZ:左下

JAVA Redに近いです、少し音色がはっきりしていて程よいコシがあるので私も好んで使っています。

 

 

いかがですか?

ヴァンドレンだけでも本当に色々です。

次回はリコリードについて説明いたします!

また来月お会いしましょう!!

レッスン生徒さん大募集中です!

場所:都内近辺の音楽スタジオ、自宅でもOK

回数:月1〜4回

料金:1時間レッスン 一般4000円 学生3000円+スタジオ代(場所によって交通費、要相談)

 

内容:基礎練習法、音階練習、アドリブ、カラオケを使ったセッション(それぞれにあったレッスンで楽しくをモットーに進行したいと思っています。要相談。)

 

年齢:

特に制限はありません。何歳から始めても出来るそれが音楽の良いところです!

プロ志向の方から吹奏楽の学生さん、小学生のお子様から60代越えの方までどなたでも歓迎しております。

一緒にサックス吹きましょう!!

 

 

都内近辺で活動していますのでいつでもご連絡お待ちしております。

ohagimac@gmail.com

 

 

 

萩原優(As/Ss/Ts/Fl/Cl)
 
洗足音楽大学ジャズコースに入学。佐藤達哉氏に師事。
在学時からプロとして活動を開始。2011年,台北JazzFestivalに出演。同年にYBBC初出場で5位76.1 inter FM賞を受賞。2013年,菊地成孔が主催する「HOT HOUSE ALTO SAXOPHONE BATTLE」にて幾多の強豪を押し退け優勝。
在学中3年間,洗足音楽大学より特別選抜演奏者に認定される。2014年3月,同大学を卒業。
現在は都内を中心にライブ,スタジオワーク,レッスンなど活動。
主な共演者はLewTabackin(ts,fl),原朋直(tp),佐藤達哉(sax)多田誠司(sax)ユキアリマサ(p),渡辺香津美(gt),大坂昌彦(dr),向井滋春(tb),桑原あい(p)纐纈歩美(as),矢野沙織(as)など。
LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.