【0から始めるベースライン講座8】ここまでのまとめ!!

cpa-bass-clef-blue

さて、今回はこれまでのまとめ回です。

 

これまで様々なアプローチノートを見てきました。ここまで読んでベースラインを作る練習をしてくださった皆さんはきっとベースラインが組めるようになっているはずです!!!

毎回の課題では主に1つのアプローチを使っていました。今回は今までのアプローチを全て使って贅沢な(!?)ラインを作っていきます。

 

模範例ではどのアプローチを使っているかを全て示しています。
表記の見方を説明します。

 

・ドミナントアプローチ:dom

・スケールワイズアプローチ:sc

・クロマチックアプローチ:ch

・ダブルクロマチックアプローチ:d.ch

・インダイレクトレソリューション

      上下:u,l

      アプローチの種類:sc,ch

      例)上からスケール、下からクロマチックの場合:u/sc l/ch

 

解決

 

 

スケールワイズアプローチ=クロマチックアプローチ?

今回は沢山アプローチノートが出てきますので、アプローチノートについて少し踏み込んだ補足をしたいと思います。

コードとスケールによっては見かけ上、スケールワイズアプローチ=クロマチックアプローチとなる場合があります。

解決 ch=sc

この例の場合、Ebの音はA-7(b5)のコードトーンになっていて、スケールワイズアプローチと考えることができます。しかし、半音でD7に向かうクロマチックアプローチと考えることもできます。

この場合、Eb→Dの音の動きにEb7→D7という流れが感じられる場合はクロマチックアプローチとなります。Eb7→D7が感じられない場合はスケールワイズアプローチとなります。

つまり、演奏者がどのように感じるかによって、表記が変わるということです。

解決 ch=sc 2

 

それでは模範例を見て行きましょう

例1

Blue

 

 

先ほどのchなのか、scなのかという例が上の譜面でも出てきます。8小節目を見てください。

先ほどと同様に、この場合もC-7のDの音がEbに解決していると感じられる場合はクロマチックアプローチ、単にコードトーンの感じがする場合はスケールワイズと解釈してください。

結局、どのように感じるかが一番重要なところなのです。

 

次の模範例です。こちらは長めの曲です。今回は長いので五線譜とタブ譜を分けています。

例2

hOWHIGH

[symple_toggle title=”タブ譜”]

HOWHIGH TABU[/symple_toggle]

 

 

さて、譜例の前半(1-4段目)と後半(5-8段目)を聴き比べてみてください。

後半は一番下の音域から徐々に上がっていき、9小節目あたりをピークに徐々に最初の音域に戻っていくように作っています。

後半の方がまとまって聞こえるような感じがしませんか? これはあらかじめ方向性を考えておいたためです。

ベースラインを作る際は、このようにどのような流れを作るかを意識しておきましょう。今後の講座では、その流れを応用することで一歩進んだベースラインを作る方法などを解説していきます。

今回からしっかりと流れを意識するようにしましょう。

 

 

前回の課題

Donna

 

今回の2つの例で自分でベースラインを作ってみましょう。作ってみた方はもし良ければ hajime.doublebass@gmail.com に送って下さい。次回以降紹介していきたいと思います。

 

 

次回は「アプローチノートを4拍目以外に使う」です。

 


 

 

 

 

レーベルサイト立ち上げました。
今後音楽等のコンテンツを配信していく予定です。

http://hajime-suzuki.com

 

IMG_small

鈴木元(すずきはじめ)

洗足学園音楽大学ジャズコース入学を機にコントラバスを始める。 藤原清登氏、佐藤ハチ恭彦氏にコントラバスを師事。

大学入学時より演奏活動を開始し、様々な場で活動を行う。 大学ではビッグバンドなども経験し、第42回山野ビッグバンドコンテストで5位入賞。2011年Taipei International Jazz festivalをはじめ国内外のジャズフェスティバルにも出場。

洗足学園音楽大学で優秀演奏者賞を獲得し、同大学を首席で卒業。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。