【コラム】赤須翔のニューヨーク滞在記 其ノ二

1131044273356

 

~赤須翔ニューヨーク滞在記2~

 


 

入国審査のスタッフからの質問が始まった。

 

    ~以下やりとり和訳~

 

スタッフ(以下ス”)「今回の旅の期間は?」

僕「1ヶ月」

ス「目的は?」

僕「サイトシーン(観光)」

ス「サイトシーン?……ロングサイトシーン」

(スタッフは目を細め、少し頷きながら疑ってる感じで発音は、ロゥーングサイトシーン……)

ス「どこに住むの?」

僕「ルームシェア!サブレッティング!!ブルックリン!!!ウィズマイフレンドォ!!!」

ス「観光って何をするの?」

僕「ライブを見たり、レッスンを受けたり」

ス「ライブするの?」

僕「多分しません」

ス「多分?」

僕「あ、いやしません。」

ス「多分。君、多分て言ったよね?」

僕「え、あ、その、ご、ごめんなさい」

ス「君はプロのミュージシャンか?」

僕「いや違います」

 

もうこの時点で、ちびりそうになってる。そして彼はパソコンで僕のことを調べ出す。

 

ス「神奈川で活動してるじゃないか、君はプロじゃないか、なんで嘘をついたんだ」

僕「いやバイトばっかりしてます。食えてません」

(この時の僕の心境は、自分はプロになりたくて音楽やってて、「君はプロじゃないか!」って言われたら嬉しいのだけど、それを全否定しなければならなくてなんか複雑な感じ。)

 

そして僕は、別室に連れて行かれた。待たされている間は、ほんとに入国できないかもって思いもよぎった。

名前を呼ばれて行った先にはさっきとは別の人がいた。

「君は働きに来たのか?」と聞かれ「違います」と言ったら、すんなりとガシャンとスタンプを押してくれた。

 

そして荷物を受け取りゲートをくぐったところに、友人が出迎えてくれて、入国できた安堵感が訪れたのであった。

 

………パート2もこの辺で終わります。次はようやくブルックリンのアパートから街へ繰り出し、怒涛のニューヨーク初日が始まります。

もう午前8時か。もうブルックリンの街は動き出している。

 

そして朝帰りの僕はもう寝よう。おやすみニューヨーク。

 


 

akasusyo

赤須翔

http://shoakasu.com/

1987928日長野県駒ヶ根市生。洗足学園音楽大学でギターを有田純弘先生に師事。卒業後、2011年夏にフィドラーの少路健介と完全実費飛び込みフランスツアー敢行。 

2012年秋には、日本舞踊団 かぐや(現在 那由多)とギリシャのレフカダ島にて毎年行われるフォルクローレフェスティバルに出場。そして完全自主制作のCD制作。全国手売り中。

現在はレストランやバーにてライブ活動中。主に小田急線成城学園前駅近くのF.gohanというレストランにて、絶賛ライブ中。ニューオリンズ旅行をきっかけにバンジョーも始めました。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。