【コード進行の作曲法 LV.41】「ドレミファソラシド以外の6」音が4つあるコード達[2]編(全2回))

0037

[第7章]音が4つあるコード達[2]編

LV.40「暗いコードの6」

LV.39「7ではなく6」

[第6章]音が4つあるコード達編(全10回)

[第5章]コードの長い組み合わせ編(全3回)

[第4章]組み合わせの応用編(全3回)

[第3章]コード進行の組み合わせ技編(全9回)

[第2章]最初に覚えるコード達編(全5回)

[第1章]ゼロからのスタート編(全8回)

 

暗いコードに6をくっつけてはみたものもEmとAmとBm(b5)にはうまく響きませんでした。ではそれをするにはどうしたらいいか。ドレミファソラシド以外の音をくっつければ良いんです。

では早速EmとAmでやってみましょう。Bm(b5)は6がどんな頑張ってもうまくくっつかないので今は放置プレイです。

Em6はミソシド#

ドレファド#

Am6はラドレファ#

ファ#ソラ」

Em6では「ド#」が、Am6では「ファ#」それぞれお目見えしました。こいつらはドレミファソラシド以外の音でまさに家族外。しかしこのコードは家族外の音を使っているだけに家族コードの中ではめっちゃ目立ちます!例えば、

Am7 – Dm7- Em7 – Am6

みたいな感じです。もしおもいっきり変化をつけたり、アクセントでみんなをびっくりさせたいときはAm7やEmなど使わず6を使ってみましょう。

 

次回もお楽しみに(^^)

 

 


 

img07 金子将昭  Masaaki Kaneko

www.masaaki-kaneko.com

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒業。

大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。

大橋卓弥(スキマスイッチ)、imalu、ジョナサン・カッツ、類家心平、マークトゥリアン、フレッドシモンズとのセッションライブやバンドサポート、ミュージカルなどでピアノを担当。

音楽理論の研究する東京音楽理論研究大学を主催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。