【コード進行の作曲法 LV.40】「暗いコードの6」音が4つあるコード達(2)編(全2回)

0037

[第7章]音が4つあるコード達[2]編

LV.39「7ではなく6」

[第6章]音が4つあるコード達編(全10回)

[第5章]コードの長い組み合わせ編(全3回)

[第4章]組み合わせの応用編(全3回)

[第3章]コード進行の組み合わせ技編(全9回)

[第2章]最初に覚えるコード達編(全5回)

[第1章]ゼロからのスタート編(全8回)

 

前回はCやFとかの明るいコード達に6の音をくっつけて行きました。7と同時にくっつくけるのではなく7の代わりに6をくっつけるんでしたよね。

では暗いコード達には6の音はくっつかないんでしょうか。あります。暗いコードも前回と同じように変化させます。家族コードの中で暗いコード達はDm7,Em7,Am7,Bm7(b5)と4つあります。この中で純粋に6がくっつくのはDm7だけです。

今、純粋っていいましたがどういう意味かというと、他のコードは6番目の音をくっつけようとするとコードがうまく響かないんですね。

例えばEmの6番目の音は「ド」ですが、音が「ミソシド」になります。ですが、「シ」と「ド」が隣同士すぎて綺麗に響きません。6の音で綺麗に響かせるためにはドレミファソラシド以外の音が必要になってきます。それは今後取り上げるとして、今はDm6です。

Dm6はレファラシ

ファ

Dm6はG7と音が似ていることもあって代わりに使われることもあります。

C6やF6と違って使用頻度はそこまで多くないのでほんとに飽きてきたら試してみて隠し技くらいに覚えておくと良いかもしれません。

 

次回もお楽しみに(^^)

 

 


 

img07 金子将昭  Masaaki Kaneko

www.masaaki-kaneko.com

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒業。

大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。

大橋卓弥(スキマスイッチ)、imalu、ジョナサン・カッツ、類家心平、マークトゥリアン、フレッドシモンズとのセッションライブやバンドサポート、ミュージカルなどでピアノを担当。

音楽理論の研究する東京音楽理論研究大学を主催。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。