【理論派ガール】 第2回:ふてこいがーるず(1)


futekoi01

ふてこいがーるず:2013/5結成。ギターボーカル「まきこ」(右)とピアノボーカル「せつこ」(左)の、ふてこい(無愛想、ふてくされている)ばかりに、誤解されやすくお友達がなかなかできない女子二人のポップでロックなぼっち系ガールズユニット。現在都内ライブハウスで活動中。オフィシャルウェブサイト http://www.music-scene.jp/hutekoi-girl/ YOUTUBEにてミュージックビデオも公開中。

 

 

 

男性は論理的、女性は感情的なんてよく言いますが、本当のところはどうなんでしょうかね(^^;)

 

音楽理論を知っている人、まったく知らない人、ちょっと知ってる人、毎回様々な女性ゲストを招いてインタビューする、音楽理論Webマガジンならではのこのコーナー。

 

第2回目の「理論派ガール」のゲストは、2人組ガールズユニットとして活躍する「ふてこいがーるず」のお二人に来ていただきました。本日から3回にわたって15.16、17日と連続公開いたします。

さてさて、ふてこいがーるず1回目のインタビューは、メンバーの遅刻で偶然できた一曲からの結成の経緯、そして解散?しそうになった事まで色々伺いました。(聞き手・構成:金子将昭)

 

 

 

―毎回なんですが、インタビューしてると大体話し盛り上がって逸れる可能性大なんですよね(笑)。それで大事な事を聞きそびれるという(ーー;)。なので先に大事な事を聞いておきます(笑)。ふてこいがーるずの結成ってどんな経緯だったんですか?

 

せつこ 私はもともとソロで音楽活動してたんです。それでバンドでライブをする時に友達にサポートをお願いしていて、その時まきこちゃんにもギターのサポートをお願いしてたんです。それでリハーサルの日、バンドメンバーがみんな遅刻していて、リハーサル開始時間になっても私とまきこしかいなくて。それで暇だしリハ始められないから、みんな来るまで2人で曲作ろうよってなって。

 

まきこ それで、私たち友達あんまりできないからそれをネタに曲作ろうよって作ったら「結構いい曲だよね」ってなったんです(笑)。

 

―こうやって話していてお二人ともとても明るいので友達ができない感じがしないのですが・・、しかしそれをネタに一曲作ったのはすごいですね。それはそうとメンバーはどれだけ遅刻したんですか!?

 

せつこ みんなすっごい仲良い友達だったんですけど、2時間くらい来なかったよね。

まきこ うん。みんな来ないねーっていいながら作ってたよね(笑)。

 

―2時間ってすごいなぁ・・。ちなみにその時曲ってどうやって作ったんですか?

 

まきこ せっちゃん(せつこ)の曲のコード進行をそのまま借りて作りました(笑)。

 

―え!?せつこさんのオリジナル曲の進行を使って別の曲を作ったってことですか?

 

まきこ せっちゃんの曲がバラードだったんで、コード進行はそのままでアップテンポにしてみようって。

せつこ テンポ変えただけで全然違う曲になったよね。

 

―なるほど。その曲の作詩はどうしたんですか?

 

まきこ その場で書きました。私たちの暗いエピソードをお互い出し合って(笑)。

 

―暗いエピソード(笑)。でもその場ってすごいですね。その時はリハ前に、というかリハ中にノリで作った曲なので、まだふてこいがーるずは結成してなんですよね?

 

まきこ その時はまだです。結成は私が「出れんの!?サマソニ!?」に出ようとしていた時に、せっちゃんにあの時の曲の事もあったんで「一緒に出ようよ」って声かけたのが始まりです。

 

―ということはその時作った曲で応募したんですね。どうでしたか結果は?

 

まきこ ・・・落ちちゃいました。

せつこ 人気投票みたいのは受かったんですけど・・。

まきこ 映像審査みたいので落ちちゃったんです。曲は「ふてこいがーるずのうた」っていうんですけど、動画と合わせて作った時はすごいお気に入りで「これめっちゃ良い!」って二人でテンション上がってたんですけど、今みると「これはダメだ・・ホームビデオだね」って(笑)。

せつこ 改めてみると何がしたいか全然わからないよね(笑)。

 

【PV】「ふてこいがーるずのうた」

 

 

 

―「出れんの!?サマソニ!?」の結果がわかった後はどうされたんですか?

 

せつこ 解散しようとしてたんですけど、私がバイトしてる都内のライブハウスの方に「ふてこいがーるずのうた」のCDを渡していたんです。それを聞いてスタッフさんが「この曲いいね」って行って下さって。それでそのライブに定期的に出演させて頂けるようになって活動を続けてたんです。

まきこ もともとお互いソロで音楽活動してたので、解散も考えてたんですが、そんな経緯でふてこいがーるずも活動してたら周りから「このユニットいいね」ってすごい言われるようになって。解散のタイミングを逃して今に至るって感じです(笑)。

 

―解散しようと思ってたところ人気が出てきたから解散のタイミングを逃してしまったという事ですね。

 

まきこ そうですね。それに自分たちの中では新しい感じだし、やってて楽しいのと、みんなも「良いね」っていってくれるのがあって「このままやりたいよね」って気持ちも大きくなってきたってのがありますね。

せつこ 他のライブハウスからも呼ばれたりしてるので活動がソロより忙しくなってきてるしね(笑)。

 

 ふてこいがーる(2)へ

 


Leave a Reply

Your email address will not be published.