新世代のジャズピアノトリオ「ADA」〜インタビューその4 全曲解説後半戦〜

LINEで送る
Pocket

ada1

ADA

2012 年、関西で活躍する半田彬倫(pf), 橋本大輝(dr), 岡崎杏菜(ba)の 3 人で ADA 結成。2013 年 4 月、自主制作 1st EP「sunrise」をリリース。手売販売であった が関東でも音楽関係者の話題となる。11月、坂本龍一と共演するなど国 内 外 で 活 躍 す る「 天地雅楽」の メ ン バ ー 、龍笛奏者の芳村直也の 1st Solo Album『N』にADA のメンバーが全楽曲の演奏・作編曲を担当。2014 年、半田彬倫、橋本大輝 が東京進出。岡崎杏菜は関西に残る事を決意し脱退。2015 年 9 月 Uplift Jazz Record より 1st Ful lAlbum「Refrections」をリリース。

ADAの1stアルバムがUP LIFT JAZZ RECORDから9/4に発売されます。そこでサークルで早速インタビューを敢行!インタビュー最後回はアルバム全曲解説の続きです。<インタビュー・記事構成/金子将昭>

前回はこちら

0167

6. fate -navigated-

前回は5曲目までの解説でした。4曲めからは組曲として映画のストーリーが続いていると。少年が主人公となっていました。ここからはどのようになっていくんでしょうか。曲調はどこかワクワクさせるような感じがします。

半田 ここは汽車に乗っていて、少年は大きくなっていて青年になっています。前回までは少年時代の出来事だったんですね。だけど小さい時なんであまり覚えてない。それを解き明かすために向かっているそんな状況なんです。

0014

新しい発見があるかもしれない自分に期待しているそんな状況、だけど運命にひっぱられている、ナビゲートされている場面です。

ここまで語ったの初めてだね、なんか恥ずかしいな(笑)

橋本 途中まで聞いていたけど、そこまで細くは聞いたの初めてだよ。

0145

7. fate -oracle-

もう映画が一本できるくらいのストーリですね。次の曲はきれいピアノイントロから始めるすこし落ち着いた感じを受けますね。リフの曲が今まできて、ここで美しいピアノ旋律が、訴えかける感じがします。

半田 この曲では汽車の目的地にはついていて、何かを知ったんですよね。なんか落ち込む場面でもあるんですよ。うまくいかないこともあって現実を知るというか。ちょうど東京に上京した頃に書いた曲でその時の心情もでているかもしれません。

ということは自分の映画ということも・・

半田 それはないですね。

一同(笑)

0034

 

半田 この曲は結構アルバムの中でも肝な曲ですね。一番映画っぽい曲ですよね。

橋本 これとかswallowとかinnocent movesとかはそうだよね。俺はこのアルバムではこれが一番好き。

半田 ホント?俺は・・全部好きかな。

一同(笑)

0040

8. fate -unwritten-

そして次の曲も優しい感じの落ち着いたメロディが続きます。物語は佳境に進みます。

半田 この曲は一番最後にできたんです。場面としては自分に対して手紙を書こうとしているところですね。前曲の葛藤が残っていてどうすることもできずに書く事で気持ちの整理をつけようとしている。

そこで自分の運命は自分で描けるということに気付く、決意のような微妙な気持ちの場面ですね。

9. fate -destine-

そして組曲最後の曲。攻撃的なリフで何かに挑戦しているような、今までから解放されたような印象を受けます

半田 これは最終決戦。これに関してはあまり細かく考えないようにしています。

橋本 とりあえず決戦ですね。

半田 ラスボスとの決戦(笑)

対戦映画!よく聞くとこの曲はプロローグのフレーズも入っていますね。

半田 そうですね、プロローグのエッセンスを入れています。

橋本 組曲の全曲にいれてるよね。

0073

半田 そう。わかりにくい曲もあるけど、何かしらのエッセンスをいれている。リズムかもしれないしフレーズかもしれないし

10. Merry Christmas, Mr. Lawrence

組曲が終わり最後の曲が坂本龍一さんのカバー曲、戦場のメリークリスマスです。

半田 これはエンドロールですね。

橋本 うん、エンドロール。

この曲ってどういった経緯で収録になったんでしょうか

橋本 もともとカバーやりたいねって言ってたんですよね。それで街を歩いてたらこの曲流れてきて、絶対合うかもってすぐ電話したんです。

半田 その時は、本当に、自分でいうとあれだけど、自分は・・「天才かも?・・ってその時ばっかりは思った(笑)。

一同 (笑)

0046

半田 電話をもらった直後にもう一気に構成とかアレンジが頭に流れてきてすぐできた。

橋本 前曲のdestineが激しいので、これで終わるよりエピローグ的なクールダウンした曲があるとまたCDを最初から一回聞きやすいかなって思ったのもありますよね。

0010

というわけで結成から全曲解説まで聞かせていただきました。最後に何かファンに向けてメッセージなどあればどうぞ。

半田 はい、ADAのフルアルバムが9/4に発売されます。映画のようなストーリーをもったピアノトリオアルバムとなっています。是非一曲目から順番に物語を聞いていただきたいと思います。

橋本 リリースライブも9/4 関西 梅田ALWAYSと9/7 関東Absolute Blueでありますので是非ライブも見に来てください。

<写真撮影/橋本浩史>

・4

最後にみんなで写真撮影。

(左からUPLIFT JAZZ RECORD江口さん、半田彬倫、橋本 大輝、サークルの編集長の金子将昭:Photo by 橋本浩史)

0174

<9/4発売 ADA / Ref Rections>

reflections

新世代ジャズピアノトリオ,待望の 1st Full Album がリリース。

2012 年、関西でデビューを果たし、拠点を関東に 移した1作目となる本作はメロディアスな旋律を軸に 様々リズム・グルーブが展開されるADAのサウンド を十二分に堪能出来るアルバムとなっている。fate< 運命>の5曲からなる組曲は曲毎のストーリーが幻 想的でありクライマックスに到達する疾走感は胸を 締め付ける切なさを持つ。アルバムの締めくくりは 坂本龍一 作曲「戦場のメリークリスマス (Merry Christmas, Mr. Lawrence)」のカバー。ジャケットデザ インはハラダミユキ氏。

<personnel>
半田 彬倫 (piano)  橋本 大輝 (drums)  岡本 のはら (bass)

<収録曲>

1. intro/a bit of waste

2. swallow

3. innocent moves

4. interlude/the last dinner

5. fate -prolouge-

6. fate -navigated-

7. fate -oracle-

8. fate -unwritten-

9. fate -destine-

10. Merry Christmas, Mr. Lawrence

発売日:2015年 9月 4日

販売価格:¥2,500 (税抜)

発売元:Uplift Jazz Record

<ライブ情報>

9/4 関西 Release Live  梅田 ALWAYS

9/7 関東 Release Live  池袋 Absolute Blue

みんな、CD聴いてね!!

0175

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<インタビュアー/記事構成>

kanekomasaaki

金子将昭 http://www.masaaki-kaneko.com/

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。2013年にミュージシャンや研究者による音楽理論研究会の『東京音楽理論研究大学』を発足。同年、音楽理論専門のWebマガジン『サークル』を発行する。その他「劇団を作ろうプロジェクト」や音楽アプリLepot(iOSandoroid)のプロデュースなど活動は多岐にわたる。

<写真撮影>

hashimoto_hiroshi

橋本浩史 

1990年千葉県生まれ。主にカメラマン、ライターとして活動している。他にも役者、脚本家、演出家としての演劇活動。デザイナーとしての活動にも力を入れている。 企業から個人問わず「やりたいこと」「面白そうなこと」があるところに首を突っ込んでいく内に現在のカタチに落ち着く。 ライブ取材の経験から動きのある撮影が得意。また演劇の経験からその人が輝くには?という視点からシャッターを切る事が多いのも特徴。

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.