新世代のジャズピアノトリオ「ADA」〜インタビューその2:曲作り〜

LINEで送る
Pocket

ada1

ADA

2012 年、関西で活躍する半田彬倫(pf), 橋本大輝(dr), 岡崎杏菜(ba)の 3 人で ADA 結成。2013 年 4 月、自主制作 1st EP「sunrise」をリリース。手売販売であった が関東でも音楽関係者の話題となる。11月、坂本龍一と共演するなど国 内 外 で 活 躍 す る「 天地雅楽」の メ ン バ ー 、龍笛奏者の芳村直也の 1st Solo Album『N』にADA のメンバーが全楽曲の演奏・作編曲を担当。2014 年、半田彬倫、橋本大輝 が東京進出。岡崎杏菜は関西に残る事を決意し脱退。2015 年 9 月 Uplift Jazz Record より 1st Ful lAlbum「Refrections」をリリース。

ADAの1stアルバムがUPLIFT JAZZ RECORDから9/4に発売されます。そこでサークルで早速インタビューを敢行!

第二回目の今回は曲作りについて。この極悪な変拍子三昧な曲をどうやって作ってるのか。なんとも意外な答えが返ってきました。<インタビュー・記事構成/金子将昭>

前回はこちら

0147

今回ピアノトリオなんですがADAとしての紹介はお二人になっています。これはやはりサウンド的なこだわりからきているんでしょうか。

半田 うーん、なんだろうね。ただ、気軽に誘えるわけではないんですよね。

橋本 そうだよね、変拍子だらけだし、誰でもできる感じではないですね。

CDを聞いてそれは思いました。これを当日リハでピタって合わせたら逆にもうすごすぎて誘いづらいですね(笑)。

半田 確かに(笑)。曲作りも二人で作ったりしてる部分が多いのでやはりバンドサウンドは僕たちが作ってるからADAというのはあるかもしれないですね。ただベーシストが演奏したのが良かったりすると「それいいね!」って言ってます。

0140

なるほど。二人を中心としながらも意見を取り入れてできてるんですね。曲作りはどうされていますか?リハの回数が多そうですが・・。

半田 ほとんど音源やりとりですね(笑)

え!?そうなんですか?

半田 ピアノで僕がリフとかを途中まで作って、そこからドラムを作ってもらうために音源を送るのが多いですかね。特に変拍子なんでドラムは僕作れない(笑)。ドラムができてベースを入れるってのが多いですね。

橋本 それが9割くらいですね。ピアノの音源が送られてきて、ドラムを入れて音源を返してベースを入れて、それをサポートに送るってのがパターンですね。

0126

あの変拍子は音源で作られてるんですね・・。

半田 リハで会って作ることってあるっけ?ないよね?

橋本 現場のリハの余り時間でちょっと「こんなのどう?」とかのやり合いはあるけどね(笑)。

そうだったんですね・・。ちなみにこの変拍子リフの入れ方とかはかなり相談されているとは思うんですが・・。

0118

半田 そうですね。最初に曲ができた時から今に至るまでに結構変わっているんですよね。演奏しているうちに遊びをいれたりするので。

良いのはそのまま暗黙の了解で行くんですが、良くないのは「それはやめよう」と言いますね。

演奏の時の楽譜とかはどうなっているんですか?

橋本 譜面は一応あるんですけど、結構後付けですね。最初は音源だから、たま〜にお互いとってる拍子が違うってのがあります(笑)。「ここの拍子は俺はこう考えてるよ」っていうとみんな違ってたりする(笑)。

0136

半田 三人とも違ってとってたりしてて、それを合わせると意外と面白いんですよね。合ってるし、これで行こうって(笑)。

橋本 ピアノが三拍子でとってて、ベースが4拍子だと思ってて、僕はめっちゃ変拍子で数えてたとかありますね(笑)。

そういうのが音楽でも良い感じで出てるんですね。

半田 「お互い取り方違うよね」って気づくのがリハ三回目だったりして「あれ?それ違くない?」って(笑)。特にドラムは譜面みないし。

え!?あの変拍子を譜面見ずにやるんですか?

橋本 全部覚えちゃってます。

半田 リハで収録してない曲とかも遊びで弾いてると一緒に合わせてドラム叩いてくるんですよね。

0062

今回のCD、結構ストーリー的な詩的な感じを受けるんですが、何かインスピレーションとかあるんですか?

半田 曲作りは結構イメージ先行が多いんですよね。僕が映画好きってのもあるし。

橋本 僕は映画というよりはアニメが好きですね。

えー!どんなアニメが好きなんですか?

橋本 萌えアニメから少年系も全然好きですね

ドラゴンボールとか。

橋本 大好きですね!

ワンピースとか。

橋本 大好きですね!

0100

・・・。そういえば私、以前に読んだ漫画なんですけど、漫画家で学園者のラブコメ読んだことあります。タイトルは・・忘れちゃいました。

橋本 それは野崎君です。

半田 あれ、面白いよね。

橋本 ちなみにオススメはシュタインズゲートです。

は、はい、勉強になります。。あ、僕みたいアニメありました、攻殻機動隊です。

橋本 あれは最高ですね。大人のアニメ。「攻殻機動隊 stand alone complex」は絶対見てください。

は、はい。とても勉強になります・・。。えっと・・半田さんは映画はどんなのが好きなんですか?

半田 ヒューマン系ですね。とか言いながら結局ターミネータとか見てもわくわくして面白くてなんでも見ちゃうんですけどね(笑)。

<写真撮影/橋本浩史>

・2・

<9/4発売 ADA / Reflections>

reflections

新世代ジャズピアノトリオ,待望の 1st Full Album がリリース。

2012 年、関西でデビューを果たし、拠点を関東に 移した1作目となる本作はメロディアスな旋律を軸に 様々リズム・グルーブが展開されるADAのサウンド を十二分に堪能出来るアルバムとなっている。fate< 運命>の5曲からなる組曲は曲毎のストーリーが幻 想的でありクライマックスに到達する疾走感は胸を 締め付ける切なさを持つ。アルバムの締めくくりは 坂本龍一 作曲「戦場のメリークリスマス (Merry Christmas, Mr. Lawrence)」のカバー。ジャケットデザ インはハラダミユキ氏。

<personnel>
半田 彬倫 (piano)  橋本 大輝 (drums)  岡本 のはら (bass)

<収録曲>

1. intro/a bit of waste

2. swallow

3. innocent moves

4. interlude/the last dinner

5. fate -prolouge-

6. fate -navigated-

7. fate -oracle-

8. fate -unwritten-

9. fate -destine-

10. Merry Christmas, Mr. Lawrence

発売日:2015年 9月 4日

販売価格:¥2,500 (税抜)

発売元:Uplift Jazz Record

<ライブ情報>

関西 Release Live  梅田 ALWAYS

関東 Release Live  池袋 Absolute Blue

0175

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<インタビュアー/記事構成>

kanekomasaaki

 

金子将昭 http://www.masaaki-kaneko.com/

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。2013年にミュージシャンや研究者による音楽理論研究会の『東京音楽理論研究大学』を発足。同年、音楽理論専門のWebマガジン『サークル』を発行する。その他「劇団を作ろうプロジェクト」や音楽アプリLepot(iOSandoroid)のプロデュースなど活動は多岐にわたる。

<写真撮影>

hashimoto_hiroshi

橋本浩史 

1990年千葉県生まれ。主にカメラマン、ライターとして活動している。他にも役者、脚本家、演出家としての演劇活動。デザイナーとしての活動にも力を入れている。 企業から個人問わず「やりたいこと」「面白そうなこと」があるところに首を突っ込んでいく内に現在のカタチに落ち着く。 ライブ取材の経験から動きのある撮影が得意。また演劇の経験からその人が輝くには?という視点からシャッターを切る事が多いのも特徴。

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.