新世代のジャズピアノトリオ「ADA」〜インタビューその1:結成、そして上京〜

LINEで送る
Pocket

 

ADA

2012 年、関西で活躍する半田彬倫(pf), 橋本大輝(dr), 岡崎杏菜(ba)の 3 人で ADA 結成。2013 年 4 月、自主制作 1st EP「sunrise」をリリース。手売販売であった が関東でも音楽関係者の話題となる。11月、坂本龍一と共演するなど国 内 外 で 活 躍 す る「 天地雅楽」の メ ン バ ー 、龍笛奏者の芳村直也の 1st Solo Album『N』にADA のメンバーが全楽曲の演奏・作編曲を担当。2014 年、半田彬倫、橋本大輝 が東京進出。岡崎杏菜は関西に残る事を決意し脱退。2015 年 9 月 Uplift Jazz Record より 1st Ful lAlbum「Refrections」をリリース。

関西で活躍のADAの1stフルアルバムがUPLIFT JAZZ RECORDから9/4に発売されます。そこでサークルでは早速インタビューを敢行!CDを聴くと変拍子ながらストーリー性のある詩的な新生代のピアノサウンド。

しかしお話をすると映画好きの半田彬倫氏とアニメ好きの橋本大輝氏の優しいユーモアたっぷりの雰囲気に人間性にとても惹きつけられました。ライブで音楽とMCをたっぷり堪能してほしい、そんなアーティストADA。まずはバンド結成の成り立ちからお話を聞いてきました。<インタビュー・記事構成/金子将昭>

0085

さて、早速ADA結成の話から伺いたいのですが、どのような経緯で結成されたのですか?

橋本 元々はポップスの現場でよく二人が一緒に会うことが多くて、それで休憩時間に遊びで合わせてたら「こんなバンドあっても面白いよね」ってなったんです。

それで大阪のジャズフェスに向けてやろうってなったのが最初ですね。フェスは結局でなかったんですけど。

半田 そう、結局でなかった(笑)。

そうなんですね。そのきっかけの話、それは何年程前ですか?

半田 2012年ですね。

ということはADAは最初ピアノとドラムから始まったんですね。その後のベースはどのような経緯で出会ったんでしょうか?

半田 二人の間で「ジャズフェス出よう」ってなった時に、僕が通っていた専門学校の後輩を誘いました。

それからその三人で活動されたんですね。これでバンド結成!というよりは自然とそうなっていったって感じなんでしょうか。

半田 そうですね、最初は自然な感じでしたね。ただ本気かどうかは別にして一応音源は作ろうという感じではありましたね。

0157

バンド名とかはやはり大事だとは思うのですが、どのタイミング決まっていたんでしょうか?

橋本 最初のライブが自主企画だったんですね。その時ライブハウスとやりとりしてたら「バンド名どうしよう?」ってなって。

半田 リハとかやっててもうライブ準備の最後の方だよね。

橋本 そうそう(笑)

なるほど(笑)。そこから関西を中心に活動されて上京という形なっていくと思うんですが、その上京のきっかけはどのようなものだったんでしょうか?

0141

半田 バンド単位で移動って感じではなかったですね。それぞれ東京に別の用事でちょこちょこ来てたんですよね。

橋本 それでもう東京に行こうかなってなって。その時にベースの子はバンドを辞めたんです。

0123

半田 僕らは結局は同時期に東京来たんです。

同時期に?そこで2人になってしまいましたが、東京でのバンド自体はどうなったんでしょうか。

半田 まぁ、東京いるし、やれたら声かけてやろうかな、みたいな。

橋本 曲作ってるのは半田だし、言われたらやれるしね(笑)

半田 うん(笑)

0075

なるほど、自然な感じなんですね(笑)。それで活動することにもなっていったと思うのですが、またベーシスト探しをすることになるかと思います。これはどうされたんでしょうか?

半田 知り合いのミュージシャンとかに「良い人いない?」って聞いたりして2、3人紹介してもらってリハスタに入って演奏して決めたって感じですね。

決め手は何かありましたか?

橋本 真面目・・かな?

半田 そうですね。関西の時はまだ曲も未完成で、さらに固定メンバーだったので少し伝えれば後は一緒に作っていけたんですよね。だけど今回はもう曲が出来上がってる。

それで、サポート用に楽譜と音源を用意したんですね。そうすると音源をさらっと聞いてリハで楽譜を見て頑張る人とかいるんですよね。変拍子でキメも多いこのバンドだとそれは結構難しいんですよね。

0157

このCDのラインナップでそれができるとすごいですね。

半田 もちろん、できればいいんです(笑)ただほとんど変拍子だし、テーマがあって最後も同じ事をやるとかじゃないし、最初と最後は違ったりするのでやはり厳しいんですよね。

だけど、ベースパターンもしっかり採譜して、音源も聞き込んでくれた人がいて。そういった真面目なところがよくて「是非、お願いします」ってなりましたね。

<写真撮影/橋本浩史>

1・

<9/4発売 ADA / Reflections>

reflections

新世代ジャズピアノトリオ,待望の 1st Full Album がリリース。

2012 年、関西でデビューを果たし、拠点を関東に 移した1作目となる本作はメロディアスな旋律を軸に 様々リズム・グルーブが展開されるADAのサウンド を十二分に堪能出来るアルバムとなっている。fate< 運命>の5曲からなる組曲は曲毎のストーリーが幻 想的でありクライマックスに到達する疾走感は胸を 締め付ける切なさを持つ。アルバムの締めくくりは 坂本龍一 作曲「戦場のメリークリスマス (Merry Christmas, Mr. Lawrence)」のカバー。ジャケットデザ インはハラダミユキ氏。

<personnel>
半田 彬倫 (piano)  橋本 大輝 (drums)  岡本 のはら (bass)

<収録曲>

1. intro/a bit of waste

2. swallow

3. innocent moves

4. interlude/the last dinner

5. fate -prolouge-

6. fate -navigated-

7. fate -oracle-

8. fate -unwritten-

9. fate -destine-

10. Merry Christmas, Mr. Lawrence

発売日:2015年 9月 4日

販売価格:¥2,500 (税抜)

発売元:Uplift Jazz Record

<ライブ情報>

関西 Release Live  梅田 ALWAYS

関東 Release Live  池袋 Absolute Blue

0175

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<インタビュアー/記事構成>

kanekomasaaki

金子将昭 http://www.masaaki-kaneko.com/

1982年富山県生。ジャズピアニスト。合同会社前衛無言禅師代表社員。大学時にギター専攻で入学したが2年次よりピアノ科へ転専攻し19歳よりピアノを始める。2013年にミュージシャンや研究者による音楽理論研究会の『東京音楽理論研究大学』を発足。同年、音楽理論専門のWebマガジン『サークル』を発行する。その他「劇団を作ろうプロジェクト」や音楽アプリLepot(iOSandoroid)のプロデュースなど活動は多岐にわたる。

<写真撮影>

hashimoto_hiroshi

橋本浩史 

1990年千葉県生まれ。主にカメラマン、ライターとして活動している。他にも役者、脚本家、演出家としての演劇活動。デザイナーとしての活動にも力を入れている。 企業から個人問わず「やりたいこと」「面白そうなこと」があるところに首を突っ込んでいく内に現在のカタチに落ち着く。 ライブ取材の経験から動きのある撮影が得意。また演劇の経験からその人が輝くには?という視点からシャッターを切る事が多いのも特徴。

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.