その1 食を自給自足して農業で”音楽生活”ができるか? 【対談】金子将昭 × スミタヒロキ(Project SOLA/農家)

IMG_1377

5回にわたってお送りする今回のサークル対談は農家のスミタヒロキさん。農業に興味があった金子が住田さんに色々聞いてきました。(記事構成/原田和真)

 

○自然に還りたい金子の”理想の生活”ができるか住田さんに聞いてみた

金子 理想としては、ちょっとした大きさの畑を持ってて、自分の食べる分だけは採れて食費かからないみたいな感じで。かかる時間は1日1時間とか2時間とかで、後は自分の活動ができるんだったらそれがすごくいいんですけど。

住田 それはみんな思うでしょうね~(笑)

金子 はい(笑)

住田 農業ってブラックボックスで分からないからそう思えてくるんですけど、実際フタを開けてみると作物が採れない時期ってのが結構あるんですよ。

金子 あ、やっぱそうなんですか。

住田 この時期だけはたくさん採れるけど、この時期は採れないというのがあって、減った時期はどうしても食費はかかるし。あとは、畑から離れられない。三日離れちゃうと全滅したりする場合があるので。

IMG_1399

金子 あ、じゃあ遠くの仕事とか行けないわけですね。

住田 そうですね。ペット飼ってるのと同じ感じで。

金子 あ~なるほど。

住田 今年なんかは梅雨前に結構干ばつで毎日水をやらないといけなくて、これ三日サボったら確実にもう…。三ヶ月後の収穫がパーでしたよ。

金子 そうすると、なんかマンションの一室でちょっと自分の食べる分のジャガイモを…みたいのも無理ですかね?

IMG_1415

住田 安定生産したいのなら、逆に閉鎖空間の方がいいかもしれません。

金子 そうなんですか?

住田 なんか自動的に給水するシステムとか使って。やっぱり、植物は自然環境の変化に弱いんですよ。

金子 じゃあちょっと農業を嗜みながら、生活を自然に戻しながら活動するってのはやっぱり簡単に実現するのってのは難しいんですね~。

住田 一人だと厳しいですね。数人いればなんとかなるかもしれない。

金子 何人くらいだといけますけね?

住田 三人居ればいけるんじゃないですか?

金子 あ、そんなもんでいけるんですか?

住田 スペアのような役割で、「この時期俺いないから見といて」みたいな感じで。それができるだけで全然違いますね。

IMG_1420

金子 結構大きいですか?

住田 農業って1人から5人くらいまでのできることの幅がものすごい広いので。1人だと全然できないけど2人いれば結構できて、3人から余裕が出てくるみたいな。

金子 へぇ~。採れる分ってのはその3人から5人くらいで…。

住田 あ~全然いけます。ここからそこくらいまで(実際に畑を指して)1α1家族1年分ぐらいですから。

金子 あ、そうなんですか!?(思ったより少ない)でも、それを一人でやろうと思ったら話は別ってことなんですね?

住田 そうですね~人手がかかるし採れない時期も結構あるし。

  <写真/ちばんば> 

次へ 「農業を始める時の外から見えないところ」

【お知らせ】
スミタヒロキさんのコラムが15日より始まります!お楽しみに!

〜農業と音楽の固有振動〜 農的ジャムセッション

 

 


kanekomasaaki

金子将昭  Masaaki Kaneko http://www.masaaki-kaneko.com/

1982年富山県生。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科ピアノ専攻卒。

大学にギター科で入学後すぐ、経験無しのピアノ始め、二年次よりジャズピアノ科へ転専攻。サポート仕事と和風なジャズを演奏する自己の音楽活動と並行しながら、日本初の音楽理論Webマガジン「サークル」編集長、(同) 前衛無言禅師 代表、東京音楽理論研究大学主催、劇団を作ろうプロジェクト主催、音楽アプリ「lepot」の開発、、フリーランス向けの確定申告サイト運営など多岐に渡る。現在、百人一首曲付けプロジェクトとジャズスタンダードをトーク・演奏で楽しむ動画をYOUTUBEチャンネルにて公開。百人一首曲付けプロジェクトで検索。

 

IMG_2359
スミタヒロキ Hiroki Sumita 
Project SOLA「モットーは世界の全ての人に、おいしい食事と幸福な食卓を」
1979年愛知県生まれの次世代農家。IT系サラリーマン後に脱サラしてGlobal Farmerの道へ。
日本では長野、海外では香港やカンボジア、ラオスに農業展開中。農業の新しい道を探すべく、様々な方向性を試している。
その一環として、農村シェアリング企画「農村JACK」を展開中。その他にはJIPPプロジェクトなどにも参加。
将来の目標は、宇宙農業。
 
 
haradakazuma
対談構成: 原田和真(はらだかずま)
脚本家。1988年生まれ。北海道出身。大学から山形へ移住、お笑いや演劇の活動を始める。漫才、コント、演劇、アクション、音楽とのコラボ、ラジオドラマなど様々に挑戦し、手段を問わず”エンターテイメント”を追求する。2014年4月に活動を東京へ移す。
 
現在の欲望:映画の脚本をやりたい。マジシャンの仲間が欲しい事。
現在の所属:劇団あーてぃすとら、ラフィクション(お笑いユニット)
 
IMG_2364
 

カメラ:ちばんば 

ブログ:http://ameblo.jp/tatuki1003/

中学時代より演劇部に入り演技の活動を始める。高校卒業後、演劇の養成所に入り演技を一年間学ぶ。

現在はメイク動画をYOUTUBEにてアップしたり、カメラで写真をとったりしながら役者としての活動をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。