【連載】Vol.13「Fブルースに挑戦!」:初めての人のための、アドリブ処方箋「ツーファイブって?」


nagayoshi_00

さて前回まではスタンダート曲に取り組んで来ましたが、今回からはブルースにチャレンジしてみましょう!

ジャムセッションでよくやられるジャズブルースはキーがFのものが多いので、まずはFブルースから挑戦します。

Now’s the Time – Charlie Parker

https://www.youtube.com/watch?v=YHobIUQMlSw&feature=kp

now's the time

ブルースでは曲中ずっと マイナーペンタトニックが使えます。 キーはFなのでFマイナーペンタが使えます。

13_001

F7でAbの音を使うと、コードは3度がメジャーなのにメロディは3度がマイナー、という状況になります。テンション#9というオルタードテンションが使われています。 これぞブルース!といった感じです。

13_002

最後にツーファイブもありますがここもマイナーペンタ一発で乗り切れます。コードと音は多少ぶつかっていますが気にしません。

13_003

マイナーペンタに一音、4度と5度の間に音を追加してみましょう。

13_004

これはブルーノートスケールと呼ばれるものです。 ブルーノートとは読んで字のごとくブルースらしさを現す音です。 これも曲中どこでも使用可能です。 次回はメジャーペンタにブルーノートを追加します。

 


nagayoshitoshio

永吉俊雄 Toshio Nagayoshi

6歳からクラシックピアノをはじめる。

高3でビル・エヴァンスのピアノに衝撃を受け、ジャズピアノに転向、洗足学園音楽大学ジャズコースに入学、在学時はピアノを元岡一英氏に師事。

2013年3月に卒業し、現在都内近郊ジャズバー、ライブハウスなどで活動中。
 
ブログで「きょうのツーファイブ」を連載中、こちらも要チェック!

http://toshiotawa.tumblr.com/


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.