【コラム】Vol.1 今、サブカル音楽が熱い!「初めに」


サブカル

初めまして、沼尻卓也と申します。

今回こちらの Web マガジンにて「アニメやゲーム音楽について何か連載をしてみないか」とのお話 を受け、僕は「サブカルチャー系音楽」、通称「サブカル音楽」についてのお話をこちらでしてみよ うかと考えました。

初めに断っておきますと、ここでの僕の説明が必ずしも完全な定義によってカテゴリ別けされたモ ノではなということを・・・あくまでも僕の個人としての見解を述べているので「あぁ、こんなのもあるん だなぁ」くらいに思っていただけると幸いです。

さて、まず現代における「サブカル音楽」の定義についてですが、今回は「アニメ」や「ゲーム」、 「動画投稿サイトのオリジナル作品」といったメディアによって展開されている物、平たく言います と・・・

いわゆる「オタク系音楽」です。

「オタク系」とは言いましたが、決して差別的な発言ではありません。 現在の日本では殆どの方が色んな漫画やアニメを大なり小なり嗜み、楽器をやっている方は「演 奏してみた」といわれる演奏動画を観たり自身で投稿してみたりと、いわゆる「オタク文化」は局地 的なものではないと思います。

これを書いている僕自身もオタクです。 ドが付く程のオタクです。 わりと引かれるレベルの気持ち悪さで・・・・

まぁそれは置いておきまして。

日本では約三ヶ月毎に何十本もの新作アニメが放送され、ゲームでは打ち込みではなく生音の 音源が収録され、投稿サイトでは毎日のように沢山の楽曲関連の動画が投稿されています。 なんと一昨年2012年には、日本初のゲーム音楽を主体に演奏するプロオーケストラ「日本 BGM フィルハーモニー」というものも設立されました。(現在は発展的解散をして「株式会社 JAGMO」を 設立し運営を移行)

・・・なんて真面目な話をしてると頭が変になりそうです、この場で僕が皆さんにお話したい事はプ ロのお話ではなく”アマチュア”の音楽事情です。

現在、ツイッターをはじめとする SNS 上での呼びかけ等による「アマチュア演奏楽団」や「演奏オフ 会」、「企画演奏会」の開催がとても多く行われています。それらのテーマとしてあげられるのが、ど れもアニメやゲームといった「サブカル音楽を皆で楽しく演奏しよう!」というものです。

最終的にコンサートを開いたり演奏動画を投稿したり、動画を作成し身内のみで共有するだけ だったりと内容は様々ではありますが・・・これらはどれも「同じ趣味を持った人たちと楽しい事をす る」といったとても素晴らしいものだと僕は思っています。

初回ということで少々説明的にはなってしまいましたが今回はこの辺りで・・・

今後はこちらの Web マガジンのお力をお借りしまして、サブカル音楽のアレコレを紹介し皆さんと 「サブカル音楽」を繋げる架け橋のようなコラムにしていけたらいいなと思っておりますので、今後と もどうかよろしくお願い致します。

最後に自己紹介も兼ねまして、僕がアンサンブルユニットを組んでニコニコ動画に投稿している動 画を置いておきます。
これも一つの「サブカル音楽」です、是非ご視聴ください。

 

【トロンボーン五重奏】やらないか変奏曲【やらないかルテット】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21325405

【トロンボーン五重奏】真っ赤な誓い【やらないかルテット】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22370447

 

アイキャッチ画像はこちらのアプリで作りました!

 


 sabukaru

沼尻 卓也(ぬまじりたくや) バストロンボーン奏者 
歌謡バンド「歌謡どうでしょう」、管楽器アンサンブル「やらないかルテット」・「音の葉」に所属

ブリジット(ハンドルネーム) Twitter ID: @brasspiglet
※発言内容が酷い事が多いので御注意を…

神奈川県生まれ。昭和音楽大学、同大学の研究生を卒業。トロンボーンを小田桐寛之氏に師事。現在、昭和音楽大学非常勤嘱託。ドワンゴ主催の大規模イベント「ニコニコ超パーティー2・3」に「超ニコニコ管弦楽団」として参加、好評を博す。その他ビギナー向けのレッスンを中心にセクション・個人レッスン等も行う。座右の銘は【人生プチ妥協】


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.