【コラム】Vol.3「日本にいた時に気付かなかった事」ジャズギタリストYoshi Ojima NY放浪記

a1180_003874_m

さて、今回はライトにいこうかな。 ちょっと音楽から離れてNYという街を考えてみようと思う。

日本にいた時には気づかなかったけど、こっちに帰ってきてから思うことがいくつかある。 一つは、やっぱり色んなものがデカい、量が多いってことかな。マクドナルドはだいたい1$でコーヒーが飲めるんだけど、全サイズ同じ値段。だからたいがいLサイズにしちゃうわけ。

最初はすごいデカいと思ったけどだんだんなれちゃうんだよね。あと面白いのが注文する時にブラックかもしくは砂糖、ミルクを入れるかと聞かれる。ブラックなら問題ないんだが、砂糖とミルクを入れる場合向こうで勝手に入れられる。どれ位入れる?って聞かれるものの一回分がどれ位なのかわかんないからさっぱりわかんない笑 でも何回も行ってるとだんだん慣れてきて砂糖はワンプッシュでどれ位甘くなるかがわかってくるんだけど、ミルクは人によってほんとバラバラ。だからもうしょうがない、そういうものとして受け入れよう、完璧を求めるなってことだね笑

また、レストランのようなとこで例えばパスタ等を頼むと日本人には結構キツイ量がくる。けどいいなと思った制度が、余った分を持ち帰りたいと言えば当たり前のように包んでくれる。日本では嫌な顔されるとこが多いと思うんだけど、この点は素晴らしいと思った。

他には、自分がすんでいた家の近くのコロンビア系とチャイニーズ系のスーパーが安くてよく利用していたのだが、卵が1パック12個入りだった。これもなんとなく嬉しい。どうでもいいことだけど笑 で、いっぱいある気がするから基本一回で2個使うのが当たり前になる。こういったことが多かれ少なかれいっぱいあるから多分長く住んでると身体が大きくなったりするんだろうな~。

あまりお金をかけずに腹一杯食べたい私としては天国のような場所だった。米が10キロ約1000円だった時には感動した。最初は日本米とは違うから慣れなかったけど、不思議と全然気にならなくなるものだ。他には、けっこう長い食パンが1$ちょい。

大っきい味付きのトマトソースみたいのが1$ちょい。バドワイザーの500mlの瓶(これがポイント)が1$。んで、こういうのにお世話になりっぱなしだから、基本食事のメニューが似てくる笑 多分片手で足りるんじゃないかな。米かパンかパスタ。塩こしょうかトマトか醤油か。みたいな笑 こういった話をしだしたらキリが無いんだけどそろそろ尺が無くなってきたから今回はこの辺にしとこうかな。

 

次の次位にまたこういった雑談を伝えたいのだが、その時はもうちょっと文化的な違いをつっこんで考察してみたいと思う。乞うご期待!!


ojima

生島佳明 Yoshi Ojima/p>

ozzy records 代表 http://yoshi-ojima.com/

ロックをきっかけに音楽に興味を持ち、後にジャズを中心に演奏するようになる

ギターを岩谷耕資郎氏に師事。以後様々なミュージシャンとライブやセッションを重ね、2013年単身渡米。現在は主に都内近郊で活躍中。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。