【連載】Vol.6 初めての人のための、アドリブ処方箋「ツーファイブって?」:スタンダードにチャレンジ!

nagayoshi_00

「スタンダードにチャレンジ!」

皆さんこんにちは!永吉です!

5回目まででは、ツーファイブの時に

アドリブでどんなメロディを作ったらいいの?

という疑問を解決する色々なアイデアをご紹介していましたね。

今回からは、実際の曲の中で使用してみましょう!

選んだ曲は 

It Could Happen To You です。

セッションでやることも多い曲ので、セッションに行かれる方でまだ覚えていない方は、

是非これを気にマスターしちゃいましょう! 

 

チェットベイカーや、マイルスデイビスの演奏がよく知られてるでしょうか。

 

Chet Baker – It Could Happen to You

 

Miles Davis – It could happen to you

リードシートはこちら

6-001

 

とりあえず弾いてみました!
6-002

こうやって、ソロを自分で書いてみるのって、とてもオススメですよ。

 

実際のアドリブと違って考える時間がたくさんありますからね、ぜひやってみてください。

これを元に次回から解説していきますよお!

 

次回は「ドミナントセブンスコードの見分け方??」

 


nagayoshitoshio

永吉俊雄 Toshio Nagayoshi

6歳からクラシックピアノをはじめる。

高3でビル・エヴァンスのピアノに衝撃を受け、ジャズピアノに転向、洗足学園音楽大学ジャズコースに入学、在学時はピアノを元岡一英氏に師事。

2013年3月に卒業し、現在都内近郊ジャズバー、ライブハウスなどで活動中。
ブログで「きょうのツーファイブ」を連載中、こちらも要チェック!

http://toshiotawa.tumblr.com/ 

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。