【連載】 Vol.3「京王電鉄 樹の里 高尾山へ 新緑篇『小野リサ/森の精』」まり花のCM考察〆(._.)

marikakousatu_kukiremo

まり花です。おはようございます。こんにちは。 こんばんは。いつ見てくださっているか、わからないのでこんな始まりです。

じつは、常々 自然っていいなぁと思っていて、山登りなんかも興味があるのですが、その割にはまだ一度も登ったことがないのです…。。。自然のパワーを全身で感じると、スッキリしますよね。

私たち動物は、自然のパワーを取り入れると、視覚 、聴覚 、触覚 、味覚 、嗅覚 の五感を通して、脳を刺激して、全身の細胞を活性化させてくれるみたいです。私たち人間や動物が自然を欲することこそ自然なことなんですね(。・ω・。)

さてさて、そんなわけでこちらのコマーシャルを。

 

 CM 京王電鉄 樹の里 高尾山へ 新緑篇

最近別のコマーシャルを見ていて気になっていた小野リサさん。“森の精”というコマーシャルソングです*

ブラジル生まれの日本人ボサノバ歌手の小野リサさん。そもそも、ボサノバってブラジル音楽でサンバにとっても関係しているジャンルみたいです*

Bossa(隆起 こぶ)Nova(新しい) 、独特な質感の心地よく洗練された感覚のサンバとのことらしいです〆(._.)

このコマーシャルもまた可愛らしいなぁ。

 

キャッチフレーズが

“あなたと あたらしい あしたへ”

とのことで、日常から少し離れてちょっと旅に出たくなる

自然に触れられる場所として

高尾山が指されていますが、そこには、昔から天狗が住むと言われいて高尾山の綺麗な自然の中で、CMキャラクターの子天狗くんがうんちくを上野樹里さんに教えてあげるという、ほのぼのとしたコマーシャル*

 

この曲は、CM動画を見てから書き下ろされた楽曲らしく、自然の背景にほんとにすっと馴染んでいていいなぁ。 

鳥の鳴き声のような歌詞と、自然の中に足を踏み入れる時のワクワクとした足音のような、クラシックギターの音。弦が擦れるような力強いけど繊細な声質もどれも、とってもマッチしていて心地いい*

 

小野リサさんの曲が入るとたちまち、木々や葉や花、土までも色付き息をし始めるような感じがします*ナイロン弦のやさしい音の響きも心地よくってまさに自然を音に表したような癒しの音でした(。・ω・。)

高尾山にも機会があれば行ってみよう♪

 読んでいただいて、ありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ

 

【オリジナル曲】here  again/まり花

 


marika

まり花  Marika

アメーバブログ http://ameblo.jp/kirakira-music25/

平成2年12月25日生。アコースティックな弾き語りスタイルをメインとしたシンガーソングライター。高校卒業後、大学に進学したが音楽活動をするために中退し、働きながら音楽スクールに通う。そこでギター、ボイストレーニングや音楽理論を学ぶ。現在は埼玉・東京を中心にライブハウスやカフェなどで音楽活動をしており、オムニバスCDへの参加や、ユニット、バンドでも演奏するなど活動の幅を広げている。

kiriremo

<アイキャッチのイラスト>くきれも

制作環境: OS:Windows Vista,7

アプリケーション:CLIP STUDIO

明るくポップなイラストを描いています。一枚の絵でも前後のストーリーが見えるようなイラストを描くよう心がけています。ご依頼やお問い合わせのご連絡はこちらまで。(またはkukilemo[★]gmail.comの[★]を@にかえてお送りください。)

 

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。